このサイトでは、原付買取に必要なものを紹介します。
原付は手軽な移動手段として便利ですが、各メーカーが指定している耐用年数というものがあります。
耐用年数は安全な状態で運転できる期間であり、その期間が近づいた期間が買い替え時のタイミングになるのです。
買取をすることで新車を購入する足しにできるだけでなく、法律に基づいて処分してくれるので手間がかからないのがメリットになります。
ただ実際に実行する際には、いくつか覚えておくポイントがあるので知っておく必要があるのです。

原付買取に必要なものとは?書類や準備することをリストアップ

原付買取に必要なものとは?書類や準備することをリストアップ 原付買取をするためには、まず必要なものをすべてそろえておくことが重要です。
必ず用意するものは、購入時にもらっていた自賠責保険証と車検証明書が必要になります。
自賠責保険証は事故を起こした時の保険であり、処分時に契約破棄もしくは次の原付に対して移し替える必要があるのです。
そして車検証明書は公道で走る許可と次の検査が記載されたものであり、解約してないと次の車検代を払う必要が出るので注意が必要になります。
それ以外では印鑑と身分証明書に加えて、所有主が未成年だった場合には親権者の同意および名義人様の承認が必要になるのです。
これらの準備が完了すれば、あとは原付買取をしてくれる業者に連絡をして複数の企業の見積もりを出してもらい納得して金額の企業を選ぶだけになります。

原付買取のオンライン査定の利点や注意点とは

原付買取のオンライン査定の利点や注意点とは 不要な皮付きを手放そうと考えた時には、原付買取を行っているお店に依頼することになります。
その際に、いきなりお店に持って行ったり、出張査定に来てもらうのは一歩が踏み出せないという人はかなり多いのではないでしょうか。
所有しているバイクの買取相場を知りたいと考え、インターネットを使って事前に調べるのは当たり前の時代ですが、バイクはそれぞれ走行距離や傷や凹みなどによる状態の違いもあるので、相場通りの金額になるばかりではありません。
おおよその買取金額を知りたい時に役立つのか、オンライン査定です。
その名の通り原付買取の査定をオンラインで行っていて、走行距離やメーカーはもちろんのこと、写真を添付することでオンライン上で査定してもらうことができ、手間もかからない方法となっています。
その際に気を付けておかなくてはならないのが、オンライン査定は可愛的なものであり、おおよその金額という点です。
実際に実物の原付を見て査定してもらうと、オンライン上の査定結果とは大きな差が生まれるという場合もあります。
大体の金額を知るための方法として役立てるのはもちろんのこと、対応が丁寧で迅速なお店を見つけるための手段の一つとして頭に置いておくべきです。

原付買取を利用するタイミングはどれぐらいが良いのか

不用になった原付きバイクを処分したい時に、買取サービスを利用する事になりますが、原付買取を利用するタイミングはどれぐらいが良いのでしょうか。
中古バイクのニーズが高まるのは、4月の新生活シーズンや7月・8月の夏休み、9月・10月の行楽シーズンです。
その為、原付買取サービスを利用する事を考えているのであれば、これらのタイミングで売却をするようにすると高値で査定してもらえるチャンスとなります。
原付買取サービスは、店によって買取強化をしている車種が異なります。
売却する時期は、ニーズがあるシーズンだけでなく、買取強化をしている時期も狙い目です。原付の売却は、いつでも行なえますが、出来るだけ高値で買い取ってもらいたいなら、売却するにはどの時期が良いのかを事前に調べておく事が大切になってきます。
この売却の時期を知っているかどうかで、所有者の満足度は大きく変わってきます。
レアな車種の場合は、特に時期を気にしなくても構いません。

原付買取査定が高値になる傾向の季節は春頃です

近年はバイク人気が背景にあり、中古車の価格が右肩上がりになっていると言われております。
中型免許までで乗れるミドルクラスは以前から人気がありましたが、旧車ブームによって相場価格が倍以上になった車種もあるぐらいです。
原付に関してはミドルクラスまでの顕著さはないものの、近年では価格上昇をしていると言っても過言ではありません。
原付買取は春に依頼すると高値になると言われておりました、通勤通学の需要だけではなく、暖かくなる季節なのでバイクに乗りたい人が増えるために供給よりも需要が上回るのです。
だから春に原付買取を依頼すれば、他の季節よりも高値で査定してもらえる可能性が少なくありません。
原付は特定の免許だけではなく、普通自動車免許でも付帯免許になっており運転が可能になります。
車庫の問題によって車を所持できない場合などは、原付を代わりに利用することも少なくありません。
さらに維持費も安いのでコストパフォーマンスに優れております。

原付買取の年式と人気車種についての相場観

原付の買取は高年式の方が査定価格が高く、さらにエンジンから異音がしないことや、走行距離の少なさもポイントでした。
消耗部品の劣化が少ないことなども、査定においては重視されるポイントであります。
通勤や通学で実用しているために、乗りっぱなしで程度の悪い車体も少なくありません。
近年は空前の旧車ブームが後押しして、バイクや車の中古市場の価格が高騰しております。
この流れは原付にも当てはまり、モンキーやゴリラやジャズなど元から高値だった車種だけではなく、ペリカンジョグやパッソルやクレージュタクトタクトなど、懐かしの車種の人気も上がっているのが特徴です。
1980年代前後に作られたバイクはミドルクラスでは人気ですが、小排気量の車種においても価値を見出され始めております。
原付買取は車種と年式によって左右されますので、査定表を見て原付買取の相場を知ることが重要です。
古くて価値がなさそうに見えても、前述したように近年では相場価格が上がっていることも珍しくありません。

原付買取は事故歴や修正歴なども重要なポイントです

バイクは不安定な乗り物であり、乗車している時だけではなく停車している時に倒れることがあります。
原付は快適性を増すためにフレームをカウルで覆う構造であり、転倒をするとカウルにヒビが入ったり割れてしまうことがあるのです。
カウルを修理すると高額な費用がかかるために、機能的に問題がなければ放置するユーザーも少なくありません。
事故歴も重要なポイントであり、走行中に事故に合ってしまうと乗車者も危険になりますが、バイクにもダメージを受けます。
単純な転倒ならばカウルが割れる程度で済みますが、速度を出しているとダメージはさらに深刻な物になるのです。
衝撃を吸収するフロントフォークが曲がってしまったり、フレームが曲がってしまうこともあります。
このような事故歴があるバイクを原付買取に出すと、査定額は大きくマイナスになるのです。
原付買取は事故と大きな修復歴があると、通常よりも大きく査定価格が下がってしまいます。
それだけではなく体にもダメージを受けてしまうので、安全運転が一番大切なのです。

原付買取とパーツと改造や純正についての説明

原付買取は程度が重要です。
外装に傷がないかエンジンから異音がしないかなどの基本情報だけではなく、タイヤや駆動系などに消耗がないかなども査定では大きなポイントになります。
消耗品がある場合にはパーツ代金だけではなく、交換工賃が発生するために買取後に業者の負担が大きくなるのです。
原付買取を依頼する際には、なるべくノーマルパーツを付属した方が買取価格が高くなります。
チャンバーやハンドルやミラーを交換するのは定番のカスタムになりますが、こうした改造を好む人だけではないのでノーマルの部品を査定時に一緒に用意しておく方がいいのです。
改造を行うとエンジンの調子などが変わることもあるので、改造車が好まれないこともあります。
原付買取をするのは冬の終わりごろから春にかけてが、新生活の通勤や通学の需要があるために高値になる傾向があるのです。
不要なバイクがある時には時期に応じて、処分を考えてみるのがおすすめになります。

3月は原付買取依頼が多い月でもある点に注目

引越しの準備をする方も多く、3月は使わなくなった原付を買取依頼する方もたくさんいます。原付買取を行うことによって、売ることができるとお金に変えることができるため、引越し資金として使うことができるなど、使わないものを売ることを意識することをおすすめします。
必要な物は新居までもっていくことができますが、原付には乗らないという方は、原付買取に注目することも重要になります。
原付買取を行うことにより、大きな荷物となっていたものを片付けて、引越しを行うときに安心感を持つことができる方も多いです。
お店まで直接持っていく方法もありますが、出張買取に対応するところもあるため、お店に問い合わせを行ってきてほしい日時気に対応してもらうこともできます。
ネット査定に対応するところもあり、まずは査定額を教えてもらってから売るお店を決めていくことができる点にも注目です。3月の時期でも快く対応してくれるショップはたくさんあります。

原付買取査定で付加価値に期待することはできるのか

原付は、基本的に通学など移動するだけの目的で購入されるものです。車のように荷物を載せられるわけでもなく、二人乗りができるわけでもないです。
オプションのパーツは市販品で安価なものはあっても、純正品などのメーカー保証があるような立派なものはありませえん。
ただ、原付は国内外でさまざまなモデルが販売されています。人気があり新車で購入するのは金銭的に難しい場合や、生産中止をしているようなモデルの原付買取は高額査定される場合もあります。
つまり希少価値が大きな付加価値と言えるのです。
原付にもスクーターのタイプや、中型バイクのようなアメリカンもどきのようなスタイルの本格的なものもあります。スクーターはともかく、原付に愛着があり、社外品をたくさん装着している人もいますが、あくまでも個人的な趣向によるものなので、改造品とみなされてしまい原付買取価格は下がってしまいます。
余分なものは全て取り外して査定を受けるようにしましょう。

原付買取でエンジンがかからない場合には買取ができないか

原付買取でエンジンがかからない場合には、買取を断られてしまうと言うことが多いものですが、業者の選び方によっては行ってもらえることもあります。そのため、諦めずに様々な業者をあたってみることが良い方法です。
原付買取はこれをそのまま中古車として売却すると言う方法のほかに、修理して販売したり、もしくは部品取りに利用すると言うことも少なくありません。
特に最近では海外で日本製の原付は非常に高い人気となっており、それでも新車ではその価格が高額であるため中古車を買い求める人が非常に増えている実態があります。
日本では年式が古くほとんど販売されないようなものであっても、海外では非常に需要が高いと言うケースが多いのが特徴です。
このような場合には修理部品も既に製造中止となっているため、同じ中古車から部品を取りこれを修理に利用すると言うケースが多くなっていることから、エンジンがかからないものであっても、高額で買い取ってくれる業者も存在しているのが実態です。

中古の原付買取査定額の相場はどの程度なのか

原付は、新車で購入しますとおおよそ15万円から20万円程度です。車のように長年乗るものではないので、すぐに手放す可能性も高いため、原付買取価格は、バイクの状態によって査定額が変わります。
状態とは、走行距離と傷や錆びの有無です。そして故障があっても簡単な修理で乗ることができるか否かということに尽きます。
原付買取価格は、新車価格が安いこともありリセールバリューは高くないです。また、純正のオプションなどもないですし、社外品で取り付けたオプション商品は逆に改造車とみられ、売却価格は下がります。
走行距離が1000km以下で傷や錆びもないとても良い状態の原付でも8万円前後の買取価格です。ただし、人気のある原付の場合は15万円程度になることもあります。
走行距離が4000kmから5000km程度で傷や錆びがなく、故障個所もすぐに修理できるような場合には4万円程度です。走行距離が2万キロ以上になりますと2万円程度が相場と理解してください。

原付買取のサービスを利用する場合は実績に注目するのが大切

原付は普段の生活の中で便利に活用することができますから、実際に移動手段として活用している人も少なくないはずです。
そのため多くの家庭で所有していると考えられますが、自動車やバイクなどの移動手段を別に確保することができれば、必要じゃなくなるかもしれません。
そのような場合は置き場所に困ってしまうこともあると考えられるので、処分を検討するようなことも珍しくないです。
原付買取のサービスを利用することで、スムーズに原付を現金化することができます。普通に処分するよりも圧倒的にお得な状態で原付を手放すことができますから、多くの人が原付買取のサービスを利用しているはずです。
どのような場所でも安心してサービスを利用できるわけではなく、原付買取の実績が豊富にあるところを利用しないといけませんから、最初にチェックしておくのが大切になります。
ホームページなどで実績について紹介していることもありますから、そのような部分で情報収集をしておくと安心です。

原付買取を考える上信頼できる人気の会社を選ぶための具体的な方法とは?

原付買取を検討する際には、信頼できる人気の会社を選ぶことが非常に重要です。
なぜなら、原付は個人の財産であり、高い価値を持つ可能性があるからです。
他の人の意見を確認するためには、口コミや評判をチェックしましょう。
インターネット上には多くの口コミサイトやレビューサイトがあり、実際の利用者の声や体験談を読むことができます。
これにより、会社の信頼性や対応の良さを把握することができます。
買取実績や業界経験も会社の信頼性を判断する上で、重要な要素です。
会社のウェブサイトや広告などで、これらの情報を調べてみます。
長年にわたる実績や高い評価を持つ会社は、安心して取引をすることができます。
複数の会社から査定を受けることで、適正な価格を提案してくれる会社を見つけることができます。
原付買取価格は会社によって異なるため、複数の見積もりを比較することは重要です。
無料の査定サービスを利用することも、おすすめです。
対応のスピードと丁寧さも、重要な要素です。
原付の買取を依頼する際には、会社の対応スピードや丁寧さを確認します。
電話やメールでの問い合わせの対応や査定日程の調整など、スムーズに進めてくれる会社を選ぶと良いです。
近年ではオンライン査定サービスの提供も増えています。
自宅から簡単に査定依頼ができるため、忙しい方や遠方に住んでいる方にとって便利な選択肢です。

原付買取でよくあるトラブル事例を知っておこう

原付買取の取引においてはそれほど大きな金額は動きません。
それでも悪質な買取会社はいるので、トラブルに巻き込まれないように会社概要をチェックした上で、買取サービスを利用するかどうか決めてください。
よくあるのは当初の買取額より減額されるケースで、あとから難癖をつけられて安値を提示されます。
当初は10万円だったのに5万円まで減額されるという話は実際にあるのです。
さらに悪質なケースでは、お金を振り込んでくれないケースがあります。
原付買取サービスの中には即現金を手渡してくれる会社もあれば、後日銀行振込をするという会社もあります。
後者はそのまま逃げられてしまう可能性が少なからずあると覚悟してください。
特に知名度の低い会社の場合、会社概要が架空の情報というケースもあります。
お金が動く場所には利害関係が生まれるため、トラブルが発生する確率が非常に高いです。
原付買取サービスを利用するときは、大手や人気店を選ぶようにしましょう。

原付買取ショップと自分で売るのはどっちがお得か

原付を処分する場合、原付買取ショップに買い取ってもらうのが一般的ですが、インターネットオークションなどを利用して自分で売るという方法もあります。
いったいどちらの方がお得なのでしょうか。
価格的には、インターネットオークションなどを利用して自分で売る方が高値がつく場合が多いです。
原付買取ショップの方は、店舗維持費や人件費・手間賃なども考慮にいれて査定額が出ますから、どうしても低めになってしまいます。
ただし、ネットオークションなどで原付を個人売買する場合は、色々な手続きを自分でやらなければいけないので面倒だというデメリットがあります。
料金が入金されない、売却後に返品を迫られたりするなどのリスクもあるので注意が必要です。
その点、原付買取ショップでの売却では、料金未払いや返品などのリスクはまずありませんから安心でしょう。
お手軽かつ確実に原付を売却したいなら、原付買取ショップに持っていくのがおすすめです。

原付買取手続きで業者が手数料を請求しない理由

自宅にある不要になった原付バイクは、専門店に依頼をすること買取してもらうことができます。
需要の増加に伴って原付買取専門店が増えていますが、多くの所で手数料無料で手続きをしてくれるのが特徴です。
利用を考えている人の中には、無料であることに疑問を感じたり不安を抱くケースも少なくありません。
原付買取店が手数料を請求しない主な理由の一つに自社工場の保有があります。
業者は顧客から引き取ったバイクを再び販売することで利益を得ているので、必要に応じて整備や修理をしなくてはいけません。
自社で整備工場を保有していれば、外部に委託をするよりも安く行えるので、十分な利益を出すことができます。
年式が古い不動車などバイクとして販売するのが難しい場合でも、解体してパーツとして売れるので問題ありません。
とはいえ、中には別途費用を請求する業者も少なからず存在します。査定の依頼をする前に、問い合わせて確認しておくことが大切です。

原付買取サービスの利用に際して一括見積もりをするべき理由

原付買取の相場はあまり当てになりません。
業界相場が10万円の中古原付を例にしても、7~13万円というように買値が安定しないからです。
相場とは絶対的な意味を持つ金額ではなく、あくまでも平均値だと考えてください。
だからこそ原付買取サービスに申し込むときは、事前に一括見積もりをしておく必要があります。
近年はネットで一括で複数社と見積もりを取れるサービスが普及しています。
これらを利用すると瞬時に各社の概算額がわかるので便利です。
提示される概算額は実際の買取額ではありませんが、一定の目安にはなるでしょう。
一括見積もりをせずに原付買取サービスを利用すると、買いたたかれるリスクが少なからずあります。
相手は買取交渉のプロでもあるので、相場より低い金額を出して様子をうかがってくる可能性があります。
最終的に値をつけるのは相手側だからこそ、交渉の主導権は相手になるのです。
こうした不利な交渉を少しでも有利にするために、複数社での見積もりが欠かせないわけです。

原付買取を検討中の方必見!知っておくべきメリットとそのお役立ち情報

原付買取サービスとは、個人が所有する原動機付自転車、いわゆる原付を専門業者が買い取るサービスです。 多くの原付保有者が次のバイクへの乗り換えや維持費用の削減を理由に利用しています。
原付買取の最大のメリットは、手軽に不要になったバイクを換金できる点です。 また、自分で買い手を探す手間が省けるうえ、専門業者による迅速な対応が魅力的です。
オークションサイトや個人間取引などと比較して、買取業者を利用することで手続きや書類の面倒な作業を代行してもらえるのも大きな利点といえます。
原付買取を利用する際は、幾つかのポイントに注意が必要です。 まず、事前に複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが重要です。
買取価格は業者によって大きく異なることがあるため、最適な条件の業者を見極めるために役立ちます。 次に、買取を依頼する前に、原付の清掃やメンテナンスを行い、より良い状態で業者に見せることも重要です。
状態が良いほど高価買取の可能性が高まります。 結局のところ、原付買取サービスを利用することにより、時間と労力を節約し、すぐに現金化が可能となります。
このサービスは、原付の売却を検討している方々にお勧めの選択肢です。 適切な業者選びとほんの少しの準備をすることで、スムーズで満足のいく取引が期待できるでしょう。

原付買取のプロセスに潜むデメリットと、それを回避するためのお役立ち情報

自動車やバイクなどの乗り物を手放す際、専門業者に買い取ってもらうことは一般的な選択肢の一つです。 特に原付を手放す場合、原付買取のサービスを利用することで時間と労力の節約につながります。
しかしながら、このプロセスにはデメリットが存在することも知っておくべきです。 一例として、市場価値をきちんと認識せずに買取に出してしまうと、適正価格よりも低い金額で手放すことになる場合があります。
そこで、原付買取をスムーズに行い、デメリットを最小限に留めるために役立つ情報をご紹介します。 まずは、複数の買取業者から見積もりを取ることが重要です。
価格の比較によって適正価格の把握が容易になります。 また、買取を依頼する前には原付のメンテナンスを行い、清潔な状態にしておくことで、査定額が上がる可能性があります。
さらに、原付の特性や現在の需要を理解しておくこともポイントです。 例えば季節や流行によって需要が変動するため、売り時を見極めることが肝心です。
最後に、信頼できる買取業者を選ぶために事前の評判や口コミのチェックもお忘れなく。 これらの情報を活用することで、原付買取をより有利に進めることが可能です。

原付買取に必要な書類とその手続きに関するお役立ち情報

原付を手放す際には、買取を選択する人も少なくありません。 原付買取をスムーズに行うには、適切な書類を準備し、必要な手続きを理解しておくことが重要です。
初めに、必要となる基本的な書類として、車検証や身分証明書、印鑑証明書が挙げられます。 買取業者によっては、委任状や譲渡証明書の提出を求める場合もあるため、事前に業者ごとの要望を確認しておきましょう。
また、原付に改造を施している場合は、改造内容を証明する書類が求められることもあります。 次に、書類の提出だけでなく、ナンバープレートの返納や廃車手続きなど、行政手続きについても把握しておく必要があります。
これらは地方自治体によって若干の違いがあるため、詳細は最寄りの陸運局や役所で事前に確認することをお勧めします。 原付買取の手続きは簡単に思えるかもしれませんが、正しい書類の準備と適切な手続きができていなければ、時間がかかる場合もあります。
必要な書類を揃え、どのような手続きが必要なのかをしっかりと確認し、原付の新たな旅立ちをスムーズなものにしましょう。 書類や手順など、困ったときには専門家や買取業者へ相談することも大切です。
正確な手続きを行い、心機一転、新しい交通手段への切り替えを実現させましょう。

原付買取を検討中の未成年者が知っておくべきポイントとお役立ち情報

原付買取を考えているが、未成年の場合は特に注意すべきポイントがいくつか存在します。 買取を進めるにあたり、自分が法律上どのような権利を持っているのか理解しておくことが重要です。
未成年者が原付を売却する際には、まず親権者の同意が不可欠である点を忘れてはなりません。 親権者からの同意書がなければ、買取契約は法的な効力を持ちません。
次に、原付の状態を正確に把握することもポイントです。 原付の年式や走行距離だけでなく、定期的にメンテナンスを行っていたかどうかが買取価格に影響します。
これは特に、中古原付を手放す際に重要になってくるため、事前に整備記録や修理歴があれば準備しておくとよいでしょう。 また、原付の市場価値を把握することで、買取価格について知識を深めることができます。
多くの買取業者では、インターネットを利用して簡易査定を行うことが可能ですから、いくつかの業者に査定を依頼すると市場価値を掴む手助けになります。
さらに、買取業者を選ぶ際にはその評判や実績を確認することが肝心です。 口コミやレビューを調べて、安心して取引できる業者かどうか見極めることが大切です。
最後に、原付買取には必要書類がいくつかあります。 必要な書類には、車検証や保険証、そして売却時には身分証明書が含まれますが、未成年者の場合は親権者の同意書と身分証明書も用意する必要があります。
以上のポイントを抑えることにより、トラブルを避けてスムーズに原付買取が行えるでしょう。

原付買取市場における需要増加の背景と利用者に向けた便利な情報

交通手段の一つとして身近な存在である原付ですが、近年その買取市場が活況を呈しております。 特に都市部を中心に、環境に配慮した小型の交通手段を求める声が増加し、原付の需要が高まっているのです。
原付の利便性は、交通量の多い都市では特に際立ちます。 駐車スペースが限られている箇所でも気軽に停められること、また燃費の良さからランニングコストを抑えられることが、利用者にとって大きな魅力となっています。
原付買取を利用する際は、いくつかの点に注意が必要です。 まず、買取価格が左右されるのは、原付の状態や年式、需要によるところが大きいです。
事前に複数の買取店で見積もりを取ることで、市場価値を知ることができ、適正な価格での売却を実現しやすくなります。 次に、手続きの際には書類が必要となるため、所有権解除のための書類や車体番号、保険証明などを準備しておく必要があります。
市場の流れを理解し、準備を整えてから売却に臨むことで、スムーズに、かつ納得のいく取引が期待できます。 現代の交通事情と密接に関わる原付買取の市場は、これからも多くの人にとって有用な情報を提供し続けるでしょう。

原付買取の情報を集めよう

鳥取 バイク処分

新着情報

◎2024/5/16

情報を更新しました。
>原付買取を検討中の方必見!知っておくべきメリットとそのお役立ち情報
>原付買取のプロセスに潜むデメリットと、それを回避するためのお役立ち情報
>原付買取に必要な書類とその手続きに関するお役立ち情報
>原付買取を検討中の未成年者が知っておくべきポイントとお役立ち情報
>原付買取市場における需要増加の背景と利用者に向けた便利な情報

◎2023/7/27

情報を更新しました。
>原付買取を考える上信頼できる人気の会社を選ぶための具体的な方法とは?
>原付買取でよくあるトラブル事例を知っておこう
>原付買取ショップと自分で売るのはどっちがお得か
>原付買取手続きで業者が手数料を請求しない理由
>原付買取サービスの利用に際して一括見積もりをするべき理由

◎2022/9/22

情報を更新しました。
>3月は原付買取依頼が多い月でもある点に注目
>原付買取査定で付加価値に期待することはできるのか
>原付買取でエンジンがかからない場合には買取ができないか
>中古の原付買取査定額の相場はどの程度なのか
>原付買取のサービスを利用する場合は実績に注目するのが大切

◎2021/11/25

情報を追加しました。

> 原付買取を利用するタイミングはどれぐらいが良いのか
> 原付買取査定が高値になる傾向の季節は春頃です
> 原付買取の年式と人気車種についての相場観
> 原付買取は事故歴や修正歴なども重要なポイントです
> 原付買取とパーツと改造や純正についての説明

◎2021/7/20

一括査定でおすすめの会社を見つける
の情報を更新しました。

◎2021/4/14

原付買取と外車の価値に注目する
の情報を更新しました。

◎2021/3/31

サイト公開しました

1人「ペダル付き原動機付き自転車」 と云う名前は存じ上げておりますが、 この呼称では、 一般的には「自転車」と云う認識しか得られません。 これは 「自転車ではなく免許が必要バイク」 であると云う認識を植え付けるためには 「自転車」と云う文言を外すべきだと思います。

返信先:付属のバイクはものすごく小さくて、自分で塗り分けが必要な成形色のはずですが、マンガ雑誌の広告ページを見てワクワクしていた当時の小学生でした😋

今の世の中、中古バイク買うより中古車の方が安い場合が有る。バイクも車も、車体+自賠責+任意保険が必須なのだが、バイクの場合、季節毎のジャケットやヘルメット、手袋、ブーツ等、車では要らない物が必要になるので結構な値段になるんですよね。バイクは金持ちの道楽になってるかも。

-->